音楽をお月さまに

音楽を お月さまに

Kakuichi Institute
Books
カクイチ研究所の絵本

「こころのかたち」シリーズ
フィリプ・ステッド 文
エリン・ステッド 絵
田中万里 訳
(2021年4月25日発行)

音楽をお月さまに

おかげさまで「カクイチ研究所の絵本」も7冊目となりました。第1シリーズは「自然と生命」の営みにフォーカスした最初の6冊でひと区切りとします。これからは第2シリーズとして、刻々と世界が広がり、個性が形成されていく成長期の子どもたちを対象に、多感なこころの動きと反応する情感豊かな作品にも選考の範囲を広げてみるつもりです。「こころのかたち」シリーズの最初の作品として、アメリカで最も権威ある児童文学賞である図書館協会のコールデコット賞の受賞者であるフィリップ+エリン・ステッド夫妻の最新作 Music for Mister Moon (2019) 「音楽を お月さまに」を選びました。

 

夢の色の絵本

森とハリエットの夢の色で刷り上げられた美しい絵本です。夜の森の色と少女ハリエット夢の物語が、一冊全体を深い幻想的な青緑色(ティール色というのでしょうか?)で覆われています。版画の技法が応用されています。ティールカラーの濃淡だけで、ハンク(=ハリエット)の繊細なこころの変化が表現されていきます。夜と森を支配する沈黙、絵本ではその音を聴くことはできないけれど……きっとハンクはシューマンの「トロイメライ」か、サン=サーンスの「白鳥」をチェロで奏でている……、この年頃の子どもの心理描写がとても細やかです。両親との葛藤はペンギンとインゲン豆で、人前で演奏することの緊張感と孤立は、ハンクのお気に入りのぬいぐるみで、表現されています。孤独を見つめるハンクの新しい友だち、お月さまの出会いは最高です。小さな怒りや憤怒や癇癪が、家族や世界の平和を毀してしまうことだってあるのです。でも、ハンクの投げた癇癪のティーカップは何と月に命中、もちろんファンタジーなどではなく、ハンクの夢の中で……。音楽がハンクと外の世界を結びつけ、こころとこころを繋ぎます。そして未来をひらいていきます。この夢の色の絵本は、改めて孤独と静けさが、大切な音楽の材料であったことを気づかせてくれる一冊であると思います。      (K2)

 

 

『音楽を お月さまに』解説

絵本の読み方は人様々、その時の心の状態にだって左右されます。すぐにその世界に取り込まれます。この日は、こんなふうに読んでみました。

 

「こんな読み方もあるのかな?」

……殻を内側から破って、外の世界への第一歩を踏み出す

 

ハリエットはクマとアザラシのぬいぐるみと、チェロがお友だちの女の子です。ひとりで誰にも邪魔されずにチェロを弾くことが幸せでした。人前で演奏するなんてとんでもない、考えただけで冷や汗が出てほてってきます、絶対に嫌でした。

ある日いたずらフクロウに演奏の邪魔をされ(たぶん、このフクロウはハリエットの奏でるチェロの音が大好きなだけ?)かんしゃくを起こして投げたティーカップに導かれ外の世界に第一歩を踏み出すことになります。

 

ハリエットは自分の短気が起こしてしまった結末に直面することになります。だってお月さまにあたって空から落ちてしまったのですから。

この落ちてきたお月さまとの出会いが彼女の閉じられた世界から外の世界へ踏み出す第一歩になります。

 

自分のせいで大変なことになってしまったお月さまのために大奮闘をするくらいですから、ハリエットは傷つきやすいナイーブな子ではありますが、とても優しい心を持った責任感の強い、うちに秘めたエネルギーレベルの高い勇気ある女の子なのでしょう。お月さまのための行動を通して、迷惑をかけること、申し訳なく思うこと、謝ること、助けてもらうこと、お願いすること等、閉じこもっていては経験できないことを次々と体験していきます。そしてお月さまは空にいるのにみんなとつながり、慕われていることを知ります。

 

「誰かのために何かをすることでつながりがうまれる」、それが自分の過失から生じたことであるにせよ今までのハリエットになかったエネルギーいっぱいの心の動きが生じます。フクロウにあたってしまったら、暴力ともなりうる『かんしゃくのティーカップの一撃』が別の所でもっとひどい結果を導いてしまったにもかかわらず、起きてしまってからのハリエットの心からの行動により、結果的には『内側からこころの殻に穴をあけ、外に通じる道を開くことになった』とも言えます。豊かな感受性をもつ女の子のこころの扉が開いたのです。

 

ハリエットは、お月さまに素敵な思い出を作ってあげ、無事に空へ戻し、お月さまの最後の願いの「月で音楽を」をかなえてあげます。そして

勇気を奮い起こして、お月さまのためにチェロを奏でるのです。

絵本紹介

More
BOOKS

絵本ストア

More
BOOKS

ふつうじゃない庭をつくった男の子

絵本・世界は灰色じゃない
─小学校低学年から高学年まで

もぐらのモリス

ぼくはチイサイけど、デッカイことができるんだ
─小学校低学年から高学年まで

空を飛びたくなったら

空と水と大地と風と、そして愛と…この世界に包まれていることを伝える絵本。

ぼくは むくどりのヘンリー

「わたし」のめざめと、「みんなのために」と……
子どものこころの歩みを、音楽のように目で聴く、絵物語。

いのち

ある日、あなたのゆく手から美しいものが、すっかりなくなったように思えても、信じましょう、いのちという営みの秘密を静かに語りかける、絵と文が奏でる調べ。

雪ダルマは生きている

もうじき 冬もおしまい
だから なかよしさんたちは 雪だるまが どうなるのか 気になってきました
水はめぐり、いのちもめぐる。
紙芝居・いのちの歌。

音楽を お月さまに

語りと絵で紡がれた音楽絵本。言葉では近づけないそのエッセンスを。チェロ弾きのハンク─ステッド夫妻が贈る、ことばにならない調べ 

PAGE TOP
MENU