空を飛びたくなったら

Kakuichi Institute
Books
カクイチ研究所の絵本

「自然と生命」シリーズ
(2020年4月25日発行)
ジュリー・フォリア―ノ 絵
クリスチャン・ロビンソン 文
田中一明 訳

空を飛びたくなったら

一粒の種から始まった庭づくりの物語、土の中のもぐらの冒険と続いた「自然と生命」シリーズの第3作目の主題は、一転して人間の子どもたちです。好奇心いっぱいで、いまにも空に向かって飛び出していこうとする子どもたちを、黙って支え、しっかり後押しする若いパパやママたちを祝福している作品です。子守唄を歌うように語り聞かせる親子の対話のリズムがほほえましいのです。物語やストリーがあるわけではありません、ただシンプルな日常の親子の情景を描いているだけです。ただどのページにも、ここが子どもたちとこころをかよわせるポイントだよ、子育てはこんな感じで…と、ガイドしているようです。ですから、この絵本の本当の対象年齢は、3〜5歳ではなく、20代30代の若いパパやママたちだと言えるくらいです。

ねぇねぇ遊ぼう!
子どもたちの夢見る力と空想力を育むことと、親がその成長を見守り、影に日向に世話することが、人間が育む生命の物語のテーマです。子どもたちの眼差しから見た日常世界にも、たくさんのモノがあふれていることが、子守唄のリズムに乗せるように描かれています。親子が一日を振り返り、父さんバッファローが息子バッファローに「いない いない ばぁー」をする場面、眠りにつく娘に母さんが語りかける場面、今日子どもたちと過ごした一日の記憶をたどり、子育てに懸命な若いお父さんやお母さんを激励する絵本です。子どもたちが、安心して眠るために必要としているものは、無条件の愛と信頼なのです。
ジュリー・フォリア―ノ(絵)と、クリスチャン・ロビンソン(文)は数々の大賞を受賞している評価の高い人気の絵本作家コンビです。最新作に 昨年問題になったBlack Lives Matter (黒人の生命が大事!) のデモを連想させる You Matter (きみたちが大事!) というタイトルの作品が発表されました。人気作家の作品をリストに加えれば売れ行きも良くなるのかもしれませんから、少し悩みました。しかし、始めたばかりの絵本制作で、アメリカの人種差別の根深い部分に触れる自信はまだなく、翻訳版権の取得は見送ることにしました。しかしいつかは、日本のような同質性の高い風土の中でも、過度に政治的な立場をとることなしに、幼いものたち、弱いものたちの安心立命を願う、本当のフェアーネス(公平さ)のこころについて論じ合えるような社会でありたいと感じています。生命は育むもの、そして世の中も長い時間をかけ世代を超えて育むものなのですから…… 

絵本紹介

More
BOOKS

絵本ストア

More
BOOKS

ふつうじゃない庭をつくった男の子

絵本・世界は灰色じゃない
─小学校低学年から高学年まで

もぐらのモリス

ぼくはチイサイけど、デッカイことができるんだ
─小学校低学年から高学年まで

空を飛びたくなったら

空と水と大地と風と、そして愛と…この世界に包まれていることを伝える絵本。

ぼくは むくどりのヘンリー

「わたし」のめざめと、「みんなのために」と……
子どものこころの歩みを、音楽のように目で聴く、絵物語。

いのち

ある日、あなたのゆく手から美しいものが、すっかりなくなったように思えても、信じましょう、いのちという営みの秘密を静かに語りかける、絵と文が奏でる調べ。

雪ダルマは生きている

もうじき 冬もおしまい
だから なかよしさんたちは 雪だるまが どうなるのか 気になってきました
水はめぐり、いのちもめぐる。
紙芝居・いのちの歌。

音楽を お月さまに

語りと絵で紡がれた音楽絵本。言葉では近づけないそのエッセンスを。チェロ弾きのハンク─ステッド夫妻が贈る、ことばにならない調べ 

PAGE TOP
MENU