ぼくはむくどりのヘンリー

Kakuichi Institute
Books
カクイチ研究所の絵本

「自然と生命」シリーズ
アレクシス・ディーコン 文
ヴィヴィアン・シュワルツ 絵  青山南 訳
(2020年6月25日発行)

ぼくは むくどりのヘンリー

 第4作の「ぼくはむくどりのヘンリー」には、アレクシス・ディーコン(文)とヴィヴィアン・シュワルツ(絵)のコンビによる哲学の格言をモチーフにした作品を選んでいます。原題は I am Henry Finch。指紋を使って、朱肉で押印した真っ赤な小鳥たちを画面いっぱいに描いた鮮烈な絵が目に飛びこんできます。指紋に目とくちばしと足と翼を書き込んだだけなのに、なんてイキイキとした表情なのだろう!

聞けば、一年後には連作としてERGOが予定されているとのこと。モチーフとなったのは、明らかに17世紀の哲学者ルネ・デカルトのcogito (コギト)ergo(エルゴ) sum(スム)(ラテン語)、英語なれば I think, therefore, I am (われ思う、ゆえに、われ在り)です。ヴィヴィアン・シュワルツの絵の躍動感に圧倒され、両作品の翻訳版権を取得しました。幸運にも翻訳は青山南先生が引き受けてくださいました。

  肉じゃなくて植物を食べて!

  この哲学絵本のタイトルに込めた作者の真意をつかむのは、簡単ではありません。でも作品の展開からヒントを探ってみましょう……

「ぼくは むくどりのヘンリー」の題名はデカルトの言葉の後半「ゆえにわれあり」のパロディのようですが、ヘンリーの冒険は冒頭のthink:「ぼくはかんがえている」と、ある朝とつぜんヘンリーが気づいたことから始まります。そして「ぼくは考える最初のむくどりなんだ。すごいんだ。」とハイテンションになって、怪物に突進し、ぱくりと食べられてしまいます。しかし、怪物のおなかのなかで、かんがえ続けるヘンリーに、怪物のほんとうの考えが聴こえてきたのです。「かぞくのみんなにたべさせるんだ」と。そして、ヘンリーは怪物のおなかの中から絶叫、これからは植物を食べるベジタリアン怪物になればいいのにと、さとします。そして、「口をおおきくあけて・・・」と起死回生の脱出劇。まるで、鯨に飲み込まれてしまったゼペットじいさんとピノキオのように、ヘンリーは脱出、なかまたちのところに生還できたのです。考えつづけていると、自分の中にいろいろな考えが浮かんできます。そして耳をすませば、まわりの雑音の中から本当の声が聴こえてくる。作者の意図は、考えると聴こえるが一緒になったとき、世界と自分の関係が変化して新しい「I am … ぼくはむくどりのヘンリー」が本当の存在になっていくという哲学的なメッセージなのだろうか? でも、子どもたちにはむずかしい哲学はまだ不要、たとえ、怪物のおなかに中にのみこまれてしまうようなたいへんな事態になっても、「考えて、考えて、耳をすませていると……世界のほうからメッセージが聴こえてくる。それがほんものの勇気を見つける手がかりだ」と、ヘンリーは微笑み羽ばたいているようです。

絵本紹介

More
BOOKS

絵本ストア

More
BOOKS

ふつうじゃない庭をつくった男の子

絵本・世界は灰色じゃない
─小学校低学年から高学年まで

もぐらのモリス

ぼくはチイサイけど、デッカイことができるんだ
─小学校低学年から高学年まで

空を飛びたくなったら

空と水と大地と風と、そして愛と…この世界に包まれていることを伝える絵本。

ぼくは むくどりのヘンリー

「わたし」のめざめと、「みんなのために」と……
子どものこころの歩みを、音楽のように目で聴く、絵物語。

いのち

ある日、あなたのゆく手から美しいものが、すっかりなくなったように思えても、信じましょう、いのちという営みの秘密を静かに語りかける、絵と文が奏でる調べ。

雪ダルマは生きている

もうじき 冬もおしまい
だから なかよしさんたちは 雪だるまが どうなるのか 気になってきました
水はめぐり、いのちもめぐる。
紙芝居・いのちの歌。

音楽を お月さまに

語りと絵で紡がれた音楽絵本。言葉では近づけないそのエッセンスを。チェロ弾きのハンク─ステッド夫妻が贈る、ことばにならない調べ 

PAGE TOP
MENU