クリント氏とJ.オシュマン博士からの共同提言

全国の各地から花だよりが届きます。桜が里山を彩り、景観の地模様がすべて新緑のやわらかな緑色へと変わっていきます。すがすがしく、風があかるい節気です。多種多様な花々があたり一面を飾り始めます。冬を温暖の地で過ごした渡り鳥たちが、短い夏のあいだに繁殖し、子育てをするために北を目指して帰っていきます。そして、わたしたち人間も、アーシングで健康感覚を磨きあげ、活力を充電する絶好の季節なのです。

清明アップデート
3月アーシングと花

カクイチ研究所がアーシング情報照会サイトearthing-info.netを立ち上げました。

クリント氏とJ.オシュマン博士からの共同提言「コロナウイルスの感染予防と回復」
(寄稿クリント・オーバー、ジェイムスL. オッシュマン)

提言

 突然勃発したコロナウイルスによる感染拡大が緊した事態となり、医療従事者はこの切迫した局面を乗り切るため、従来にないさまざまな対処法を探っている。ここでは、非常にシンプルでかつ科学的なアーシング(電気的に身体を地表に接続させる)という、斬新な介入処置について提言したい。

コロナ禍の最中、この病原体の治療や予防のためのナチュラルサプリメント(自然な医療)の可能性についての医学的な主張が飛び交っている。FTC(連邦取引委員会)はそれを悪用者するものや、善意ではあるが、誇大な広告宣伝の問題などを取り締まっている。感染爆発があまりに急速だったためアーシングについて大規模な臨床試験を行い、FDA(アメリカ食品医薬品局)の評価を取得する時間はなかった。批判的な読者は、絶対的判断基準である無作為性に裏付けられた臨床データとFDAの認証のないアーシングなど、いかなる理由で推奨できるのか、疑問に思うだろう。しかし理由はシンプルである。

広範な研究と実際にこのアプローチを用いた人々からの報告により、アーシングは深刻な喘息やアレルギー、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、インフルエンザなどを含む呼吸促迫の症状に劇的な変化をもたらすことが、すでに明らかになっているからだ。

Share on facebook
Share on twitter

関連ページ

PAGE TOP