All about earthing

What's is earthing?

アーシング®(Earthing)とは、地面とつながることです。又はグラウンディングとも呼びます。靴下や靴を脱いで、素足や素手で直接大地に触れることです。

足元の地面に、自然の宿すエネルギーの源がある。この地面に触れずにいる生物が直面する危険は計り知れません。木々が大地に根ざしているように、人間にとっても地面に触れることは、太陽の光、空気、 水、食物と同じくらい本質的なものと言えます。地球の電磁気そのものが自然の本来の働きの根源と言えます。

昔の人々も大地とのつながりをとても重要視していました。

アメリカンインディアン「昔の人々は、土が好きだ。母なる大地のパワーに触れるため、地面に彼らは座った。大地に触れることは皮膚にも良いので、老人たちはモカシシを脱いで神聖な地球の上を裸足で歩いた。土は気分をリフレッシュさせてくれた。身体を強くしてくれた。浄化して癒してくれた」 アメリカ先住民のラコタ・スー族の首長であり、執筆家、教育家として知られるルーサー・スタンディング・ベアの言葉。

「アフガニスタン北部のバフル州では、”バイクビー”と呼ばれる伝統があります。春になると人々は、濡れた草の上を踏み歩きます。それが健康にいいと言い伝えられているからです」 カカール博士※

地球上に生物が誕生した時から、すべての生物は地球と電気的につながった状態で生活してきました。かつて人間は、皮膚が地面に触れる生活をしていました。裸足で歩き、じかに地面の上に寝ていました。

ところが現在では、ほとんどの場合、地球から離された状態で生活をしています。何千年、何万年も地面とともに生活を行っていたのに、ここ数十年あまりで大地と突然離れてしまいました。 合成繊維のカーペットの床を歩き、断熱材でできているベットに寝て、電気を通さない非伝導性のゴム靴を履いています。 さらに地面からずっと離れた、高くそびえるビルの中に住んだり働いていたりしています。

さらにスマートフォンなど電磁波を出し続けている電気製品を常に携帯しています。 私たち現代人は絶縁体であるゴムやプラスチック製の商品に包まれて生活するようになり、その結果、大地と電気的に切り離された状態で生活を続けるようになりました。

現代の私たちは、電化製品、TV、パソコン、携帯電話など、電磁波の中で生活し、知らず知らずのうちに帯電しています。ドアノブを掴んだ瞬間にビリビリッ!となって驚かされることがありますが、これが帯電している証拠です。 高圧電線だけでなく、私たちの身近にあるきわめて低い周波数の電磁波もまた、体にとって悪い影響を及ぼす可能性が指摘されています。 コンセントで動くすべての家庭電化製品から電磁波は発生しています。

着衣が擦れ合って発生する静電気を逃がすこともできず、増え続ける電気製品や電線から発生する電磁波(人工的な電磁波)を浴びて過ごす時間が多くなりました。 人の身体は、元々電気を通すようにできています。体が水分で出来ているので、雷の電気も簡単に流れます。体内の電気も地面に触れることによって、地面に流れます。 それを靴や建造物で遮断してしまったのです。

アーシングは素肌を大地に接触させるだけでいいのです。 アーシングをしている間は体に電気が溜まる事(帯電)はありません。
アーシングとは、この体内電気を体外に放出し、体内電気を安定させ、大地のエネルギーに触れるという元気のサイクルを作る健康法のことを言います。

※1カクイチ研究所が2015年に商標登録済

※2「アーシング」より1部抜粋

FaceBookにてアーシングに関する情報を発信しています。

アーシングについて

アーシング Q & A