大地につながるって?

電磁波の町

かつて人間は、素肌が地面に触れる生活をしていました。裸足で歩き、じかに地面の上に寝ていました。
ところが現在では、ほとんど大地から離された状態で生活事をしています。合成繊維や断熱材で出来ている床の上に住み、電気を通さない非伝導性のゴム靴を履いています。さらに地面からずっと離れた、高くそびえるビルの中に住んだり働いています。
人の身体は、元々電気を通すようにできています。体内の電気も地面に触れることによって、地面に流れます。 それを靴や建造物で遮断してしまったのです。

方法は簡単! 靴を脱いで 裸足になるだけ

アーシングの方法は、至って簡単です。靴とソックスを脱いで外で素足で歩きましょう。アーシングとは、素肌で地球の大地と直接つながることです。絶縁体の靴のゴムは電気を通すことができませんが、裸足になれば、身体の電気が地面に伝わります。
アーシングは体から電気を出し、大地のエネルギーに触れるという健康のサイクルを作り出します。

とは言えども、普段裸足で歩き回るには、限界があります。

アーシングTABI足袋をはいてみよう

アーシング足袋TABI

裸足にならずに、アーシングができる。それがアーシングTABI-足袋です。

アーシング足袋には、導電性の中敷きとカーボンが使われているので、電気を通すことができます。外でTABIさえはいていればいつでもどこでもアーシングができるのです。

昔から日本人に履かれていた足袋は、つま先が2つに分かれているので、足の指をしっかり使ったバランスの良い歩き方になります。歩くほど足の指の力を使うので、ウォーキングにぴったりな靴なのです。

アーシング足袋特徴

アーシング足袋はこうして作られている

ここにはわれら不断の 潔く楽しい創造がある

こちらの工場で足袋が製造されています。『株式會社丸五 』さん。明治から続く地下足袋の製造業者です。 職業靴としてのたびの需要は、年々少なくなって来てると言います。丸五さんは、常に時代に合う新しい足袋の形に挑戦されています。

われらは新たな美を創る 美学は絶えず移動する

TABI を創る工場は、岡山県倉敷市にあります。

アーシング足袋工場

社屋に張られた板は、一度焼(やき)を入れてあります。耐火性が 増し、潮風にも強い。昔ながらの智恵が息づく町。

「諸作無意識中に 潜入するほど 美的の深と 創造力はかはる」

TABI は「職人」さん達の手で1つ1つ作られています

アーシング足袋作成

TABIを作る全ての工程に人の「手」が携わっています。

倉敷市にある生地メーカ「株式会社タケヤリ」

同じ倉敷市にある生地メーカ「株式会社タケヤリ」さん。船の帆にも使われるというタケヤリ帆布を TABIのアッパー生地として使用しています。

足袋制作工場内の光景

TABIの生地に帆布を使用。

アーシング足袋製作中

複雑な機械が、丹念に生地を織り上げています。

ネイビー柄には軍服に使われていた生地を使用

アーシング TABI 足袋

アーシングTABIのパンフレット(PDF)はこちらからダウンロードできます