– Earthing Tabi Story –

アーシング足袋シリーズ

The factory

ここにはわれら不断の 潔く楽しい創造がある

こちらの工場で足袋が製造されています。『株式會社丸五 』さん。明治から続く地下足袋の製造業者です。 職業靴としてのたびの需要は、年々少なくなって来てると言います。丸五さんは、常に時代に合う新しい足袋の形に挑戦されています。

われらは新たな美を創る 美学は絶えず移動する

TABI を創る工場は、岡山県倉敷市にあります。

アーシング足袋工場

社屋に張られた板は、一度焼(やき)を入れてあります。耐火性が 増し、潮風にも強い。昔ながらの智恵が息づく町。

足袋制作工場内の光景

Handmade

「諸作無意識中に 潜入するほど 美的の深と 創造力はかはる」

TABI は「職人」さん達の手で1つ1つ作られています

アーシング足袋作成

自分の仕事を追求する。

アーシング足袋制作中

一つの仕事をただひすらに… その先に、初めて生まれる美しさがあります。

長年足袋の形成をしていると、指の形が足袋を作りやすい様に変わるとの事でした。

TABIを作る全ての工程に人の「手」が携わっています。

アーシング TABI は手作りです。

人の「手」が創造を生みだす。

アーシング足袋職人の作業

「思い」とぬくもりが手の中に。

Cloth

倉敷市にある生地メーカ「株式会社タケヤリ」

同じ倉敷市にある生地メーカ「株式会社タケヤリ」さん。船の帆にも使われるというタケヤリ帆布を TABIのアッパー生地として使用しています。

足袋制作工場内の光景

TABIの生地に帆布を使用。

アーシング足袋製作中

複雑な機械が、丹念に生地を織り上げています。

ネイビー柄には軍服に使われていた生地を使用

New Arrivals
アーシング足袋TABIシリーズ特徴

アーシングTABIのパンフレット(PDF)はこちらからダウンロードできます